キャッシング ブラック

ブラックのキャッシング Q&A

キャッシング

ブラックってなに?

ブラック、もしくはブラックリストという言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

 

ブラックとは、信用情報機関に何らかの事故情報が登録されている状態のことをいいます。

 

キャッシング業者と契約を交わすと、各個人の情報が信用情報機関というところに登録され、その登録内容はキャッシング業者の間で共有されるため、一度ブラックになると、他のキャッシング業者やクレジットカード業者とも契約できなくなってしまうのです。

 

返済を3ヵ月以上遅延してしまった場合や、自己破産してしまった場合などがあった際に、ブラックになるといわれています。

ブラックになるとキャッシングできないの?

前述したとおり、ブラックになるとキャッシングできなくなってしまいます。

 

契約しているキャッシング業者からも、新規で借り入れすることができなくなってしまうでしょう。

 

もちろん、クレジットカードも利用不可です。

 

ブラックになると、5年〜10年はキャッシングできなくなってしまいます。

 

解除期間については公になっていませんので、ブラックに登録されてから5年程度経過したら、一度審査に申し込んでみると良いかもしれません。

 

ちなみに、ブラックでもキャッシングできる、いわゆる闇金と呼ばれるキャッシング業者はありますが、法外な利息を請求される、嫌がらせのような取り立てをされるなどのリスクがあるため、闇金は絶対に利用しないことをおすすめします。