キャッシングできない

キャッシングできないとき Q&A

キャッシングできないのは何が原因なの?

キャッシングは誰でも利用できるものではありません。

 

なかには、今まで何の問題もなくキャッシングを利用できていたのに、ある日突然キャッシングできなくなってしまった、という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

こでには、もちろん原因があります。

 

キャッシングできないひとつの原因として考えられるのが、返済が長期にわたって滞ってしまったということです。

 

返済が長期にわたって遅れた場合、ブラックリストに入れられてしまうといわれています。

 

ブラックリストに入れられると、新規の融資を受けられなくなってしまいます。

 

もちろん、他のキャッシング業者も利用できなくなるでしょう。

 

また、年収の3分の1の額をすでにキャッシングしている場合も、キャッシングできない理由のひとつです。

 

信販系や消費者金融系のキャッシングに限りますが、これらのキャッシングは総量規制にあてはまるため、借り入れMAX額はすべてのキャッシング残高を合計して年収の3分の1までとなります。

キャッシングできないときにすべきことは?

キャッシングできないことには理由があります。

 

もしブラックリストに入っていてキャッシングできないなら、ブラックリストが解除されるまで(5年から10年程度))待つしかありません。

 

また、年収の3分の1の額をすでに借入れているためにキャッシングできない場合は、今ある借入残高を返済していく必要があります。