キャッシング 法人

キャッシングは法人にも対応

キャッシング業者のほとんどは、法人にもサービスを提供しています。

 

法人がキャッシングを利用する場合、事業用の資金として利用することになりますが、ここでは法人がキャッシング業者を選ぶ際の注意点について説明していますので、ご参考ください。

 

銀行系のキャッシングがおすすめ

法人としてキャッシングを利用する場合、消費者金融系及び信販系のキャッシングより、銀行系のキャッシングをおすすめします。

 

法人がキャッシング業者から借りたお金は、従業員への給与支払い、事業拡大、事業融資の返済などといった事業用資金として用いられるため、キャッシングする金額が大きくなりがちです。

 

消費者金融系及び信販系のキャッシングは、銀行系のキャッシングより融資最大額が低いケースが多く、事業資金としては十分でないこともあるでしょう。

 

また、消費者金融系及び信販系のキャッシングより、銀行系のキャッシングのほうが金利も低く設定されていることが多いため、発生する利息を抑えることもできます。

 

ただし、キャッシング業者によっては事業用の資金への利用は認めていないところもありますので、先にご確認ください。

 

法人専用のキャッシングが有利な場合も

キャッシング業者によっては、法人専用のキャッシングを販売している場合もあります。

 

個人専用のキャッシングと比較して、金利が低めに設定されているため、はるかに有利な条件で融資を受けることができるでしょう。

 

ただし、事業計画書などの提出を求められることもあります。