キャッシング 金利

キャッシングには金利がかかります

キャッシング業者から借りたお金には、当然のことながら金利がかかってしまいます。

 

金利によって発生する利息分の金額が異なってきますので、金利が低いキャッシング業者からお金を借りるにこしたことはないでしょう。

 

ちなみに、キャッシング業者はホームページなどで金利を明示していますが、この金利は一年間あたりの金利です。

 

実質年率と表記しているキャッシング業者もあります。

 

また、採用されている金利には固定金利と変動金利の2種類があり、それぞれにメリット・デメリットがありますので、覚えておきましょう。

 

固定金利

メリット

固定金利のメリットは、事前に返済計画を立てやすいということです。

 

借入している間に金利が上下することがありませんので、比較的安心して借りることができるといえるでしょう。

 

デメリット

固定金利のデメリットには、変動金利より金利が高くなっているケースが多いということが挙げられます。

 

そのため、トータルの返済額は変動金利を採用しているキャッシングより多くなってしまうこともあるでしょう。

 

変動金利

メリット

変動金利のメリットには、金利が低いということが挙げられます。

 

借り入れしている期間中にも金利が変動してしまいますが、ほとんどのキャッシング業者では固定金利より低い金利で提供していますので、比較的返済負担はかるといえるでしょう。

 

デメリット

変動金利のデメリットは、固定金利より金利が高くなってしまう場合がある、ということです。

 

経済状況などの変化によって金利が変動するため、場合によってはトータルの返済額が固定金利を大きく上回ってしまうこともあるでしょう。