キャッシング 未成年

未成年のキャッシングについて

キャッシング

未成年のキャッシングは認められていません。

 

すべてのキャッシング業者では、融資対象として満20歳以上であることを挙げていますので、未成年の方が審査を通過することはまずないと考えて良いでしょう。

 

ちなみに、未成年のうちから働きはじめ、毎月安定した収入を確保できているという方もいらっしゃるかもしれませんが、どんなに安定した収入があったとしても未成年のキャッシングはNGとなっています。

 

ちなみに、未成年の方が親のカードを使ってキャッシングすることは可能です。

 

ただ、子供にキャッシングカードを貸し与えるという親は、まずいないのではないでしょうか。

 

万が一、子供が勝手に親のキャッシングカードを取り出した場合、ATMでは暗証番号を入力しなければキャッシングすることができません。

 

そのため、暗証番号はなるべく分かりにくい数字に設定しておくことをおすすめします。

 

自分や子供の誕生日、電話番号など想像がつくような数字を暗証番号に設定することはもしもの時のためにも非常に大切です。

 

できれば銀行口座の暗証番号とも別の数字に設定したおいたほうが良いでしょう。

 

未成年がキャッシングするには?

未成年がキャッシングを利用するためには、何を差し置いても20歳以上にならなければなりません。

 

また、20歳以上であるのは当然として、安定した収入を確保できていることも必須条件となります。

 

20歳の誕生日を迎えたらすぐに審査に申し込めるようになりますので、それまでは安定した収入を確保できるような状態を作っておきましょう。