キャッシング 無担保

キャッシングは無担保でOK

キャッシングの利用は、基本的に無担保でOKです。

 

もちろん、保証人を立てる必要もありません。

 

無担保で融資してもらえるということは、キャッシング業者の大きな魅力のひとつとなっていますが、無担保にすることでユーザー側にはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

 

以下で分析していきたいと思います。

 

無担保キャッシングのメリット

無担保キャッシングのメリットとして考えられるのが、利用のしやすさです。

 

担保が必要なローンの場合、基本的に不動産を所有していなければなりません。

 

しかしながら、不動産の購入には多額の資金が必要となるため、なかなか購入することができないでしょう。

 

無担保キャッシングなら不動産を所有していなくても利用できますので、敷居が低いといえるのではないでしょうか、

 

ただし、無担保キャッシングを利用するためには、満20歳以上で毎月安定した収入を得ていることが条件となります。

 

無担保キャッシングのデメリット

無担保キャッシングのデメリットとして考えられるのが、金利が高いということです。

 

担保を必要とするローンの場合、業者側は返済が滞った時のリスクに備えることができるため、金利を低く設定することができます。

 

しかしながら、無担保のキャッシングの場合、返済が滞った際には負債者に対して通告するしか方法がないため、金利を高く設定しているのです。

 

ただし、金利が高いといっても出資法によって上限金利は20%までと制定されていますので、ご安心ください。