キャッシング ショッピング枠

キャッシングのショッピング枠とは

キャッシングでは、基本的にショッピング枠というものは設けられていません。

 

なぜなら、キャッシング業者が融資しているお金には使用制限がありませんので、ショッピング枠を設ける必要がないためです。

 

ショッピング枠は、クレジットカードに設けられています。

 

ほとんどのクレジットカードには、「ショッピング枠」と「キャッシング枠」の2種類が用意されています。

 

ショッピング枠とはその名のとおりショッピングに利用できる限度額のことであり、キャッシング枠とは現金を引き出して利用できる限度額のことです。

 

キャッシング枠を使い切っている場合、それ以上現金を引き出すことはできませんが、ショッピング枠に余裕がある場合はキャッシング枠が一杯でもショッピングになら利用することができます。

 

「ショッピング枠の現金化」には注意!

上記のようにショッピング枠にだけ余裕がある場合、現金を引き出すことはできません。

 

しかし、ショッピングで金券などを手にいれて売ってしまえば、間接的ではありますが現金を手にすることができるのです。

 

この行為は「ショッピング枠の現金化」と呼ばれています。

 

最近ではショッピング枠の現金化を謳った業者が増えてきており、その業者の多くはキャッシング業者より金利が低いことを前面に打ち出しているようです。

 

この行為は、法律には反していません。

 

景品表示法では、「景品の最高額は取引価額の10%以下」と定められていますので、たとえば業者が10万円の金券を購入し、9万円で売却するなら全く問題がないのです。

 

もちろん、個人でショッピングの現金化をすることには、何の制限もありません。

 

ただし、借金であることには違いありませんので、本当に現金化する必要なあるのかをまず考えましょう。