キャッシング 信販系

信販系のキャッシング メリット・デメリット

信販系のキャッシングとは、信販会社が販売しているカードローンなどを総合したもののことです。

 

一般的にはクレジットカードを販売している業者のカードローンも、信販系のキャッシングに分類されています。

 

信販系のキャッシングにおけるメリットとデメリットは、以下のとおりです。

 

信販系キャッシングのメリット

信販系キャッシングのメリットは、審査が比較的易しいということです。

 

もちろん、審査を受けた方全員が契約まで至るというわけではありません。

 

銀行系キャッシングの審査と比較すると易しいといわれていますので、ご注意ください。

 

信販系のキャッシングは審査が易しいため、審査結果が出るまでの時間が短いとされています。

 

なかには審査に申し込んでから30分程度で返答しているキャッシング業者もありますので、急ぎでキャッシングを利用したい方には大変役立ってくれるでしょう。

 

信販系キャッシングのデメリット

信販系キャッシングのデメリットには、年収の3分の1以上の融資は受けられないということが挙げられます。

 

これは、総量規制によって定められているものであり、いかなる状況であっても年収の3分の1以上のお金を借りることはできません。

 

年収3分の1までなら融資を受けられるということになりますが、注意しなければならないのは、総量規制の対象になっているすべてのローンの借入残高を合計した額で計算されるということです。

 

つまり、総量規制で30万円までしか借りられない場合、A社に借入残高が20万円あるとすれば、B社で借りられるのは10万円までとなってしまいます。