キャッシング 担保

担保が必要なキャッシングとは

キャッシング

キャッシングは、基本的に担保なしで利用することができます。

 

担保や保証人不要で利用できるという点は、キャッシングの大きな魅力ともいえるでしょう。

 

したがって、担保が必要なキャッシングは基本的にありません。

 

ただし、ローンという形なら担保を必要としているものはあります。

 

では、なぜ担保を立てることでどのようなメリットが得られるのでしょうか。

 

以下で利用者側と貸し手側におけるメリットを説明していきたいと思います。

 

利用者側のメリット

利用者側にとって、担保が必要なローンには大きなメリットがあります。

 

そのメリットとは、金利が低く、融資額が大きいということです。

 

担保不要のキャッシングと比較して、担保が必要なローンは数%程度金利が低いため、返済が圧倒的に楽に感じるでしょう。

 

また、最大融資額についても数百万円高く設定されていることが多くなっていますので、まとまったお金が必要ない方にも最適です。

 

貸し手側のメリット

貸し手側のメリットとして挙げられるのが、利用者の返済が滞ったときに担保を自由に扱えるという点が挙げられます。

 

貸し手側にとって返済が滞るということは、決して良いことではありません。

 

キャッシングのように担保なしで融資するとしたら、返済が滞った際には通告を出すくらいしかできないでしょう。

 

担保が必要なローンなら、返済が滞った際には利用者に通達したうえで、担保を売却するなどして返済額に充てることができるのです。